検索
  • april

RES : 5/11まで


みけねこ さま

メッセージありがとうございます!

優しい視線で物語を見守ってくださり

本当に嬉しく思っております!

名前、楽しみにしていたくださいね (*´∀`)

————————————————————————

ぽつり さま

twitterのフォローに加えてメッセージまで、

ありがとうございます!

いろいろと先の展開を予想しながら

お読みくださっていることに驚いています。

相変わらず、私の書くものはひねりのない話なので

特に予想外の驚きを与えられることはないと思います、

どうぞがっかりなさいませぬように…!

————————————————————————

ののか さま

『珈琲日和』からのご愛読、誠にありがとうございます。

またお尋ねの「国と国との距離が近すぎる」との件、

違和感を覚えさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。

私がこの物語を書くにあたって参考にしたのは

東アジアの某国です。

「隣国なのに文化風習がまったく違う国」

のモデルとしては、

文化大革命時代の中国とモンゴルでの

文化的相違に関する逸話を参考にしました。

読者の方の中には中世のラングドック地方を

想起してくださった方もいらっしゃいまして、

「物理的距離は近いけれど精神的距離の遠い国」

というところに面白みを求めた結果、

このような描写となりました。

読んでいる方が気になって仕方がないというほど

違和感を覚えるのであれば、それは書き手の私の

力不足というほかなく、お詫びのしようもありません。

本当に申し訳ありませんでした。

————————————————————————

その他、aさま、返信不要の方々、メッセージありがとうございました!

#RES

53回の閲覧

最新記事

すべて表示

RES : 7/24まで

返信不要の皆さま、ありがとうございました! (PCの不具合でお礼が遅くなり申し訳ありませんでした!) 瞼 さま 楓 さま

RES : 7/1まで

「ふと読み返したくなって、珈琲日和から軽井沢編までをひといきに読み直しました。…」の方 当サイトを思い出してくだささりありがとうございます! 一息に読み直すとなるとお時間かかったでしょう、またお読みくださり嬉しい限りです。 言葉のことなど褒めてくださり、「宝物」だなんて!とても嬉しく思いました。 大好きと言っていただけてまた書く力をいただけた気分です。 またいつの日か遊びに来てくださると嬉しいです

RES : 6/15まで

返信不要の方々、メッセージありがとうございました! ゆきわたり さま アリー さま ななし さま