検索
  • april

RES : 5/11まで


みけねこ さま

メッセージありがとうございます!

優しい視線で物語を見守ってくださり

本当に嬉しく思っております!

名前、楽しみにしていたくださいね (*´∀`)

————————————————————————

ぽつり さま

twitterのフォローに加えてメッセージまで、

ありがとうございます!

いろいろと先の展開を予想しながら

お読みくださっていることに驚いています。

相変わらず、私の書くものはひねりのない話なので

特に予想外の驚きを与えられることはないと思います、

どうぞがっかりなさいませぬように…!

————————————————————————

ののか さま

『珈琲日和』からのご愛読、誠にありがとうございます。

またお尋ねの「国と国との距離が近すぎる」との件、

違和感を覚えさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。

私がこの物語を書くにあたって参考にしたのは

東アジアの某国です。

「隣国なのに文化風習がまったく違う国」

のモデルとしては、

文化大革命時代の中国とモンゴルでの

文化的相違に関する逸話を参考にしました。

読者の方の中には中世のラングドック地方を

想起してくださった方もいらっしゃいまして、

「物理的距離は近いけれど精神的距離の遠い国」

というところに面白みを求めた結果、

このような描写となりました。

読んでいる方が気になって仕方がないというほど

違和感を覚えるのであれば、それは書き手の私の

力不足というほかなく、お詫びのしようもありません。

本当に申し訳ありませんでした。

————————————————————————

その他、aさま、返信不要の方々、メッセージありがとうございました!

#RES

53回の閲覧

最新記事

すべて表示

RES : 3/28まで

チャイ さま メッセージありがとうございます! まだここのことを覚えていてくださり、また訪れていただけてとても嬉しく思います。 新連載に気づいてくださってありがとうございます。ドキドキワクワクの日々というお言葉に私の方がドキドキしてしまいました。「昔の続き」をまたお楽しみいただければ幸いです! -------------------- Sachi さま Sachiさん、完結前にメッセージいただけて

RES : 3/19まで

Poorlobin さま はじめまして、メッセージありがとうございます! 絵のことを褒めてくださってありがとうございます、絵は本当に昔から下手で今もまったく自信がないので、「上手くなっている」のが本当なら少しでも上達していると思えて嬉しいです。時代考証もいい加減の一言ですが、何もかも緩いのを持ち味として誤魔化していく所存でございます。どうぞよしなに(笑) --------------------

RES : 3/12まで

お名前のない方 >とても面白く読ませていただきました!最後まで描いてくれてありがとう メッセージありがとうございます!primalの方をお読みくださったのでしょうか?最後までお読みくださりありがとうございました。 -------------- その他 返信不要の皆さま 黄色いかえる さま ひなぎく さま ありがとうございました!

© april@木曜日の飛行船  2008-2020

ページtopへ戻る