検索
  • april

RES : 6/1まで


moon さま

メッセージありがとうございます!

moonさんの素敵な文章、いつも惚れ惚れしながら楽しませていただいています。


春ちゃんのことのみならず、そのちょっと問題のある両親のことまで細かく見てくださり本当に嬉しく、「このくらいの親の方が」のお説には思わず笑ってしまいました。ありがとうございます、私も全くそう思います(笑)

「雪が降る」の方もお読みくださりありがとうございます。

あの先生にも学生時代があったのよという話なんですが(笑)素直さむき出しの青年に見えます?よかったー(笑)

そ、そして「西瓜をさじを使わずに食べるようなひと」なんて、よ、よ、よく覚えていらっしゃいましたね?!!もうほんとにびっくりして「ウエッ」とか変な声が出てしまいました(笑)あんな!大昔にweb拍手のオマケみたいに描いたきりの絵を!!どうせ誰も覚えてないだろうとかタカをくくって適当に書き始めなくて本当によかった…。そして覚えていてくださる読者様がいてくださり本当に嬉しいです。

大切にお読みくださり、書き手としての幸せを噛み締めています。


人物描写やユーモアセンスなどたくさん褒めていただき、身に余る光栄です。博学とは程遠い作者で本当に申し訳ございませんが(笑)実生活ではなかなか言えないような冗談を盛り込んでも許してもらえるような気のおけない人間関係を描く楽しさを感じています。

番外篇は登場人物が自分の過去を振り返りながら語り口調で進んでいくという点で今までとは違う物語の進め方をしておりますが、それを許容してお楽しみいただければ幸いです。(お楽しみいただけるような内容ではないかもしれませんが…)


いつも創作意欲を掻き立てられるような素敵なご感想をありがとうございます。

今作も最後までお読みいただければ幸いです。

—————————

七瀬 夏葵 さま

いつもメッセージありがとうございます!

そして今作もお読みくださりありがとうございます。

今回は眼鏡も白衣もありませんけれども!喜んでいただけてよかったです(笑)

眼球菓子(すごい名前ですね笑)にもコメントありがとうございます!

あれをお隣に渡していたらその時点で話は即終了っぽいですよね(笑)


「幸福について」も読み返してくださっているとのこと、大変嬉しく思います。春ちゃんは私も大好きだったので、身を切る思いで手放した次第です。軽井沢篇では夏見夫婦と遠藤先生の三人をメインにして、その都度一度限りのゲストが出てくる感じにしたいなあと思っているところです。その三人もどうなることやらわかりませんけれども、とりあえずは…


お身体の具合が良いとのことでよかったです。

これから天候が不安定な梅雨を迎えますのでどうぞ引き続きご自愛くださいね。

「雪が降る」はあまり読んでいて楽しいという類の話ではないと思いますので、メンタル不調の時はどうぞお休みくださいますように。

いつも温かいメッセージをありがとうございます。

—————————


返信不要の皆さん、ありがとうございました!

匿名ファン さま

お名前のない方


41回の閲覧

最新記事

すべて表示

RES : 9/17まで

rin さま 今作もお読みくださりありがとうございます! 「素敵な新キャラ」と言っていただいて嬉しいやら申し訳ないやら(笑) 楽しみにしていると言っていただけてとても嬉しく、本当に励みになります! どうぞ今作も最後までお付き合いくださいね。 ————————— 七瀬 夏葵 さま こちらこそ、いつもお読みくださりありがとうございます! 「primal」のおまけ、わかりにくいところに置いてありましたか

RES : 9/11まで

ななこさま メッセージありがとうございました! あんな世界的名曲を聴いてここのことを思い出してくださり本当に光栄でございます! 竜つながりですね(笑) 本当に久しぶりに思い出した名曲ですが、もしかしたら私の意識の根底にもこの曲の歌詞があって、これが無意識的に作用してこんな話を書くことになったのかもしれないと思うとなんだか不思議で面白いです。 素敵なメッセージありがとうございました。 ———————

RES : 8/30まで

sachi さま 今作も最後までお読みくださりありがとうございます! 「ああ、遠藤先生だ」のお言葉がとても重く、また書き手としてはとても嬉しく思いました。 法学部の秀才がどうして「振り出しに戻っての再読」のきっかけになったのか…その理由が激しく気になります…!でもあのエンカウンターは個人的になぜかとても気に入っている場面なので、sachiさんの心を動かすスイッチになったのだとしたらなんだかすごく嬉

© april@木曜日の飛行船  2008-2020

ページtopへ戻る